みのるのフォト日記

Photo life diary from KOBE

切り取る楽しみ・・・積極的にトリミングしましょう

PC200201

JR大阪駅は切り取り練習の道場だと思います(^.^)・・・

 

威張って言うことではないですが、ぼくの場合、作品の50%はトリミングしています。

”ノートリミング” を誇りのように言う人もありますが、ぼくはプロセスでは無くて結果だと思うので、トリミングによってよりよい作品になるのであれば決して恥ずかしいことでは無いと考えています。むしろそうした構図の工夫や経験によってセンスが培われ、やがてはノートリミングでも立派な作品が撮れるようになれると信じているからです。

多重露出とかHDR、いろいろなフィルターを使って個性的に表現することも、昔の人から見れば邪道だと言われそうですね。確かに虚の世界になるまで極端な加工をしてしまうのはどうかと思いますが、絵画的に美しいと思えるような切り取りや編集を工夫することも、ある意味では作品作りのテクニックだとぼくは考えています。

あれは駄目、これも駄目と縛られていては少しも面白くないですよね。愉しむためのフォトライフなんですから・・・