みのるのフォト日記

Photo life diary from KOBE

蘇れ!たこフェリー

DSC_1716

 

明石海峡の風物詩として有名なのは、春先のイカナゴ漁とこの「たこフェリー」だった。

明石海峡大橋が開通し、さらには土、日曜日1000円という国の施策の影響をもろに被って急速に営業不振に陥り、4隻あった船も次々と売却されて2010年11月、地元の人たちに惜しまれながらついに廃業に追い込まれた。 ま、何というか政治が文化を壊してしまったのである。

昨年12月、たこフェリー復活の話が持ち上がった。以前よりは小型のフェリーで、車ではなくて明石海峡大橋を使えないバイクや自転車とかが対象という設定であったが、「車を運ばないののなら、たこフェリーとは呼べない!」 と明石市長が小理屈をいって計画は座礁しているらしい・・・ 政治家独特の身勝手なエゴ、何となく虚しさを感じる話ですよね。